FC2ブログ

古文書を読む!~自主運営勉強会はじめました~

名古屋にて『小治田之真清水』・『工匠技術之懐』を読む会を受講生が自主運営!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

鬼頭塾『小治田之真清水』

10月27日(土)鬼頭塾、15時30分~は『小治田之真清水』でした。

小治田之真清水

 講座の前に、鬼頭先生が持ってきてくださった「南無阿弥陀仏」と書かれた
掛け軸のお話から「高野山と念仏」について説明がありました。
   現在の浄土宗・浄土真宗とは若干異なる高野浄土信仰があり念仏を
   唱えていた。江戸時代に真言密教に戻すため念仏は禁止された。
 受講生からも質問や、高野山を訪れた時のお話などがあり雑談のようですが
これが面白いのですね~。

『小治田之真清水』は日間賀島~須佐村です。
 村絵図「尾張侚行記」「師崎屋諸事記」などの資料も用意されています。
資料

文章を読み下しながら所々で資料を見たり脱線したり。
   例えば 「安楽寺の阿弥陀仏に魚物を供える」という部分があります。
        生ものを供えるのは珍しいという事から
        日本の仏教の考え方「一切衆生悉有仏生」についてお話が
        あったり。
        鯨漁や交通の要所で裕福であっただろうというところから
        吉原の見世経営者の半数以上は知多半島の人だとか。

面白い話がたくさん出てきます。
古文を読むだけでなく、その時代をいきいきと感じることができますよ。



参加者募集中です!                
        11月24日(土) 名古屋市青少年文化センター9F 第1研修室
                  ① 13時半~ 『工匠技術之懐』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水』

   *初めて参加される方は、テキストが必要となりますのでメールにてご連絡ください。
                        Email: nagoyasansaku@gmail.com
   *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。