FC2ブログ

古文書を読む!~自主運営勉強会はじめました~

名古屋にて『小治田之真清水』・『工匠技術之懐』を読む会を受講生が自主運営!

『大須観音骨董市出店探索と南寺町散策』 1

6月28日『鬼頭塾』の特別講座として
   『大須観音骨董市出店探索と南寺町散策』が開催されました。
それに参加したときの様子をアップしていきます。(随分前のことだけどねー)

前日夜から雨が降り始め、開催も危ぶまれましたが何とかあがりました。
曇り空で蒸し暑いですよ。
h.26.09.06 1
集合は大須観音
h.26.09.06 2 *小さな画像はクリックで拡大します。
28日は大須観音さんの縁日です。
残念ながら朝まで雨でしたので、古文書を扱うお店は少なかったですが
皆さんが揃うまでブラブラと見て廻ります。

全員揃ったところで出発!

h.26.09.06 3 h.26.09.06 4
まずは北野神社
   大須観音は元々北野神社の神宮寺だったとのこと。
   清州越しの際、岐阜県より一緒に移転してきました。
   菅原道真を祀っていいます。

            h.26.09.06 5
                      陽秀院
h.26.09.06 6 h.26.09.06 7
   寛永初年から現在地にあり親しまれています。
   紙張地蔵は有名ですね。
   20円で買った紙を水に濡らしてお地蔵様に貼ると願いをかなえてくださる
   とか、貼った場所の悪いところが治ると言われています。

h.26.09.06 11 h.26.09.06 9
富士浅間神社
   「明応4(1495)年、後土御門天皇の命により、富士山本宮浅間神社から
   分霊を勧請し、創建された」とあります。元は清寿院の鎮守として建てら
   れましたが、廃仏毀釈により清寿院は廃寺となりました。
   地元企業がたくさん奉納していますね。

             h.26.09.06 8
                   清寿院の柳下水
   「尾張名古屋の三名水は、亀尾の清水と蒲焼町風呂屋の井とここ清寿院の
   井といわれていた。
   清寿院は、修験道当山派・富士山観音寺ともいったが、寛文年(1667)藩命
   により清寿院と改め、明治の廃仏毀釈により廃寺となった。当時境内では、
   芝居・見世物小屋なども出て大いに賑わったと伝えられる。
   柳下水は、清寿院の中門前にあり、当院の供水として、また将軍家上洛の
   ときには、その飲用水として用いられたともいわれる。
                              名古屋市教育委員会」

             h.26.09.06 10
                   七寺(ななつでら)
   天平7年萱津(甚目寺町・現あま市)に行基によって創建されました。
   こちらも清州越しで現在地へ移転。
   かつては七堂伽藍(7区の仏閣と12の僧坊)があり豪華絢爛、たいへん
   賑わっていたようですが戦争により本堂をはじめほとんどが焼失してし
   まいました。
   写真の大日如来像は残りましたが、現在も傷ついたままとなっています。  

次回は道を南へ渡って西別院方面をアップしていきます。
   
************************************

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

  『鬼頭塾』とは鬼頭勝之先生を講師に、活字化されていない古文書を読みながら
   歴史や文化・芸能など様々なことを学んでしまおうという勉強会です。

次回は
   9月19日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
     *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。
     *どちらか一つの参加でも構いません。

「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方もお気軽にご相談ください。
一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。
     連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com                
          * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する