FC2ブログ

古文書を読む!~自主運営勉強会はじめました~

名古屋にて『小治田之真清水』・『工匠技術之懐』を読む会を受講生が自主運営!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

久々、大人の遠足 №1


名古屋歴史懇話会から『東濃の社寺めぐりと彫刻鑑賞』に行きました。

まずは新羅神社(多治見市)
  平安時代に田只味(多治見市)の産土神を祀ったのが始まり。その時代は土岐川沿い
  にあったが、鎌倉時代に現在の場所に移る。八幡大神等を合祀し、紆余曲折を経て
  室町時代に新羅明神としての素戔鳴命を勧請し現在に至る。

  ウィキペディアに「新羅系氏族の祖神を祀ったのが始まり」との記載がありますが、
  そういった事実は無く、素戔鳴命の伝説からきているのではないかとの事でした。

    h.26.6.23 3

   h.26.6.23 1  h.26.6.23 2

   h.26.6.23 5  *画像をクリックして頂くとと拡大します。

   h.26.6.23 4  h.26.6.23 7
   新羅神社は野村作十郎の手によって建てられたという伝承がありましたが、
   近年の調査では尾張藩御用彫物師 早瀬長兵衛の作とされました。
   野村作十郎研究家のAさんとしては大いに異論があるところ!?

   h.26.6.23 6  h.26.6.23 11

   h.26.6.23 12  h.26.6.23 14
   
   h.26.6.23 13  h.26.6.23 15
    見事な彫刻  
  
   h.26.6.23 9  h.26.6.23 10
   拝殿に昇って正式参拝と宮司さんより新羅神社について説明をしていただきました。

                h.26.6.23 16
   平成24年の改修工事の際、拝殿前を掘ったところ土の中から出てきたそうです。
   上の画像の灯籠もこちらも陶器でできています。
   珍しいですね。

            つづく  次回は永保寺


************************************
 特別講座開催決定 
     『大須観音骨董市出店探索と南寺町散策』
       6月28日(土) 午前10時 大須観音階段下 集合
        参加費 500円 (昼食代・拝観料等は自己負担)

 下記コースを鬼頭先生に説明して頂きながら歩きます。
 大須観音骨董市→万松寺→東本願寺名古屋別院→栄国寺(切支丹博物館)
 →南寺町の寺々(門前町・裏門前町)→大光院明王殿縁日
(17時頃解散予定)

  小雨決行ですが、季節がら天候・体調には十分注意してくださいね。
  途中参加・離脱もOKです!
  参加ご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡くださいませ。

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

  『鬼頭塾』とは鬼頭勝之先生を講師に、活字化されていない古文書を読みながら
   歴史や文化・芸能など様々なことを学んでしまおうという勉強会です。

次回は
   7月18日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
     *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。
     *どちらか一つの参加でも構いません。

「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方もお気軽にご相談ください。
一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。
     連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com                
          * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。

  

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

このページのトップへ

久々、大人の遠足 №0

久しぶりに名古屋歴史懇話会“大人の遠足”のお誘いがあり行って来ました。
        (もう1ヶ月も前なんだけどね)

今回は『東濃の社寺めぐりと彫刻鑑賞』です。
主催者である舟橋さんは現在、中部経済新聞にて
歴史小説「天空の龍」幻の名匠・野村作十郎 を連載中なのです。
      詳しくはこちらにて → 歴史小説「天空の龍」幻の名匠・野村作十郎

野村作十郎は現在の多治見市池田町に生まれ江戸末期に活躍した宮大工です。
      詳しくはこちらにて → 野村作十郎

その足跡を追うということで、野村作十郎研究家の方も参加ですよ。
お二人の説明を伺いながら見学して行きまーす。

   ちょっと長くなりそうなので、続きは明日書くことにします。 

 ************************************
 特別講座開催決定 
     『大須観音骨董市出店探索と南寺町散策』
       6月28日(土) 午前10時 大須観音階段下 集合
        参加費 500円 (昼食代・拝観料等は自己負担)

 下記コースを鬼頭先生に説明して頂きながら歩きます。
 大須観音骨董市→万松寺→東本願寺名古屋別院→栄国寺(切支丹博物館)
 →南寺町の寺々(門前町・裏門前町)→大光院明王殿縁日
(17時頃解散予定)

  小雨決行ですが、季節がら天候・体調には十分注意してくださいね。
  途中参加・離脱もOKです!
  参加ご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡くださいませ。

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

  『鬼頭塾』とは鬼頭勝之先生を講師に、活字化されていない古文書を読みながら
   歴史や文化・芸能など様々なことを学んでしまおうという勉強会です。

次回は
   7月18日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
     *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。
     *どちらか一つの参加でも構いません。

「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方もお気軽にご相談ください。
一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。
     連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com                
          * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。

  

人気ブログランキングへ


このページのトップへ

特別講座と『鬼頭塾』予定

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

  『鬼頭塾』とは鬼頭勝之先生を講師に、活字化されていない古文書を読みながら
   歴史や文化・芸能など様々なことを学んでしまおうという勉強会です。

   受講生が自主運営にて開催しておりますので、アットホームで和気藹々。
   年齢も幅広く職種も違いますが楽しんでいます。

   平成26年は毎月1回(第3金曜日)開催予定です。
   春か秋の気候の良い頃に歴史散策のような特別企画も予定しておりますよ。

 特別講座開催決定 
     『大須観音骨董市出店探索と南寺町散策』
       6月28日(土) 午前10時 大須観音階段下 集合
        参加費 500円 (昼食代・拝観料等は自己負担)

 下記コースを鬼頭先生に説明して頂きながら歩きます。
 大須観音骨董市→万松寺→東本願寺名古屋別院→栄国寺(切支丹博物館)
 →南寺町の寺々(門前町・裏門前町)→大光院明王殿縁日
(17時頃解散予定)

  小雨決行ですが、季節がら天候・体調には十分注意してくださいね。
  途中参加・離脱もOKです!
  参加ご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡くださいませ。


 平成26年予定(開催場所等決定分)
   6月20日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
   7月18日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
   8月 休講 
   9月19日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
   *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。
   *どちらか一つの参加でも構いません。

「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方もお気軽にご相談ください。
一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。
     連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com                
          * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。

     また受講されている方の作成しているホームページにも案内がありますので
     是非ご覧くださいませ~。
             こちらをクリック  香流川歴史散歩



人気ブログランキングへ


このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。