FC2ブログ

古文書を読む!~自主運営勉強会はじめました~

名古屋にて『小治田之真清水』・『工匠技術之懐』を読む会を受講生が自主運営!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

第3金曜日ですよー!

今日は 自主運営勉強会『鬼頭塾』

今回から会場確保の都合で第3金曜日となりました。
初回ということで、お仕事の方や海外出張中の方忘れていた(?)方がいらっしゃり
参加人数は少なめでした。 

『工匠技術之懐』は下巻に入り、あと3~4回で読み終わりそうです。
神社・鳥居等の建築方法が細かく書かれており、なかなか難しいのですが
建築関係の方には好評です。

『小治田之真清水』4巻(知多郡)も残り僅かです。
阿久比・知多・東海市に入り、私も馴染みのある地域なのでより興味を惹かれますね。 

講座の前には、鬼頭先生所有の『狂歌五十人一首』(文政二年刊)を見せて頂いたり
『名古屋市統計年鑑』から昭和二年の〝名古屋港内國貿易重要移出品”を見たりしました。
この頃は〝大高・鳴海・蟹江・大垣・笠松”などにもまだ港があり名古屋港から船で
運ばれていたのですねぇ~。
中国や韓国との貿易も盛んだったようです。

このように講座以外に鬼頭先生が〝面白い”と思ったことや調べたことを教えて
下さいます。
それも自主運営勉強会『鬼頭塾』の楽しいところです。 

そして夜は〝鬼頭先生を囲んで軽く一杯” 
話題は 『工匠技術之懐』を読み終わった後、どんな講座をするのか ということ。

建築・土木関係の本か、芸能関係か。
やはり尾張に関するものがいいとか。
わいわい・がやがや

結局結論はでませんでしたが、楽しかった~
偶然、お店も行ってみたいと思っていた所でした。
磯波水産 栄三丁目店
写真をまたまた撮り忘れてしまった。

次回は〝大あさり”を食べたいな~   と、夜は更けていくのでありました。


   こちらもよろしくお願いいます 
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  ************************************

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

   5月17日(金) 名古屋青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~ 『工匠技術之懐』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水』

   *初めて参加される方は、テキストが必要となりますのでメールにてご連絡ください。
                        Email: nagoyasansaku@gmail.com
   *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。

       「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方も
        お気軽にご相談ください。
            連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com
               * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

このページのトップへ

柳街道を歩く 3

ただいま、鼻にティッシュをつめてブログを書いております。
風邪と鼻炎が一気にきたようで、夜も寝られないくらい
鼻水がとまりません。 苦しいよ~痛いよ~

さて、どこまで書いたか忘れるくらい間があいてしまいましたが
『柳街道を歩く』最終回です。


250324 18

柳街道と佐屋街道
    黄色が柳街道・ピンクが佐屋街道です。

    郵便局から西へ4~5軒目位に餅屋があったそうです。
      『麦ぬかに餅屋の店の別れかな』  荷兮
        西へ旅に出る芭蕉を見送るため柳街道を通り
        佐屋街道まで一緒に来た。その後芭蕉は大阪で
        亡くなってしまい、餅屋の前で芭蕉を見送ったのが
        今生の別れとなってしまった。
        しかし、当時は“見送りに行く”といえば次の宿場
        まで行くのが普通で、実際には餅屋の前を通り
        次の岩塚宿まで行ったであろうと思われます。

    佐屋街道
      戦前は街道の両脇に小さな土手があり、松の木が植え
      られていたそうです。
      江戸時代からそのままの状態の松並木があったのでしょうか。
      GHQが“トラックを走らせるのに松並木が邪魔”ということで
      伐採されてしまったそうです。


250324 19

道標

    郵便局の柳街道をはさんで向かい側にあったとされています。
    現在は、佐屋街道から少し入った小学校の横の八幡様にあり
    ます。

250324 20

      柳街道側  『左 なごや道』
      横側     『安政元年 寅 十二月吉日』
               *吉日の“日”は土に埋もれて見えません。
      多分、佐屋街道側に『熱田へ』とか書かれていたのではない
      でしょうか。今は書き直されています。


250324 21

清寿園さん

    郵便局の佐屋街道をはさんで向かい側にあります。
    立派なお店ですが、現在この建物は使用されていないようです。
    地下鉄岩塚駅前にお店がありました。


今回歩いた距離は6~7キロでしょうか。
中村区のガイドボランティアの方が参加されていたこともあり、時には
街道をはずれて屋根神様や、由緒あるお宅を拝見したりして満喫しました。


おまけ
250324 22
八幡様にあった木  一本だけ大きく曲がっています。 どうして?


  こちらもよろしくお願いいます  4月より第3金曜日ですYO!
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  ************************************

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

   4月19日(金) 名古屋青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~ 『工匠技術之懐』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水』

   *初めて参加される方は、テキストが必要となりますのでメールにてご連絡ください。
                        Email: nagoyasansaku@gmail.com
   *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。

       「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方も
        お気軽にご相談ください。
            連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com
               * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。



人気ブログランキングへ

このページのトップへ

柳街道を歩く 2

笈瀬通りをすぎると少し昔の面影が残っているようです。 


250324 7

和ろうそくのお店

   名古屋で最後の一軒となりました。
   本日はお休みでシャッターが下りていましたので看板のみ撮影。
   (しかし、わかりにくい写真ですな  )


250324 8

曲がりくねった道

   柳街道は別名『百曲街道』とも言われ、かなりくねくねと曲がって
   いたようです。
   この辺りは商店街として賑わっていた頃もあったそうですが、現在
   営業しているお店はほんの僅かとなってしまいました。
   


250324 9
250324 10


   趣きのあるお家もちらほらと残っています。


250324 11

神野商店さんの前にあるポスト

   柳街道が最初に大きく曲がる場所にあります。
   手前の丸い石は、昔の円筒形ポストの土台


250324 12

二ツ橋町辺り (だと思います。うろ覚えですみません。)

   昔、高須賀村では火葬場へ行く葬列はここまでだったそうです。
   ここでお見送りしたんですね。


250324 13
250324 14
250324 15

白子町から名西通辺り

   細い斜めに走る道を抜けていきます。


250324 16
250324 17

喜多福總本家

   おっ!こんな所に守口漬が!
   守口漬といえば『山田才吉』  
              『山田才吉』についても書きたいなー と思っております。


本日はここまで、『柳街道を歩く』あと1回続きます。


  こちらもよろしくお願いいます  4月より第3金曜日ですYO!
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  ************************************

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

   4月19日(金) 名古屋青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~ 『工匠技術之懐』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水』

   *初めて参加される方は、テキストが必要となりますのでメールにてご連絡ください。
                        Email: nagoyasansaku@gmail.com
   *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。

       「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方も
        お気軽にご相談ください。
            連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com
               * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。



人気ブログランキングへ

このページのトップへ

柳街道を歩く

名古屋歴史懇話会で 柳街道 を歩きました。

柳街道は江戸時代の初め、名古屋城が築かれると城下へ行く道が
必要になり整備された道路です。
城下から戸田道・柳街道を通り烏森村で佐屋街道に合流します。

今回は、納屋橋から出発です!お天気もよくて気持ちよく歩けそうですYO! 


250324 1
 戸田道の入口にある 鳥久さん

   明治時代に建てられた料亭「得月楼」の建物をそのまま使用。
   昭和25年より「鳥久」となり現在も営業中!


250324 2
柳里神社

   元はもう少し名駅通り寄りにあったようですが、区画整理により
   現在の場所に移りました。ビルの谷間にひっそりと佇んでいます。
   この辺りが祢宜町で柳街道の入口になりますね。


250324 3
明治橋 標柱

   明治33年に完成。川ではなく鉄道の上を渡る橋。
   昭和12年名古屋駅が笹島から現在地へ移転するとともに鉄道が
   高架となり役目を終えました。


250324 4

   明治橋の標柱は現在、歩道脇にありますが、昔はもう少し伏見より
   から橋が架かっていたそうです。

   橋を渡っていった所に(笹島交差点の1本南・鉄道高架下)
   中村電気軌道(名古屋土地)の駅があり、明治橋から中村公園
   までの路面電車が走っていました。
   中村遊郭へ行くお客さんで大変な賑わいだったようです。
   夜になると明治橋の上から中村遊郭の灯りが見えたとか。
   (そんなの見たら男の人はそわそわしちゃうよね。)

   そのまま道なりに歩きます。
   「ヒマラヤなくなっちゃたよね~」とか「マックスバリューができとる!」
   とか言いながら笈瀬通りまで歩きます。


250324 5

笈瀬通り 元は笈瀬川(お伊勢川)

   
250324 6

   人間の子供に化けては相撲をし負けたことのないカッパだったが、
   ある時老武士にいたずらを仕掛けつかまってしまった。命はとられ
   なかったが笈瀬川へ逃げ込み二度と現れなかった。
   というカッパ伝説が残っています。


長くなりますので本日はこの辺で。
しばらく“柳街道を歩く”続きます。 


  こちらもよろしくお願いいます  4月より第3金曜日ですYO!
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  ************************************

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

   4月19日(金) 名古屋青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~ 『工匠技術之懐』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水』

   *初めて参加される方は、テキストが必要となりますのでメールにてご連絡ください。
                        Email: nagoyasansaku@gmail.com
   *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。

       「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方も
        お気軽にご相談ください。
            連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com
               * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。



人気ブログランキングへ

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。