FC2ブログ

古文書を読む!~自主運営勉強会はじめました~

名古屋にて『小治田之真清水』・『工匠技術之懐』を読む会を受講生が自主運営!

久々、大人の遠足 №3

大人の遠足最終回です。

次に向かったのは 南部神社 です。
こちらは地元の方しか訪れないような感じです。

h.26.07.16 1 h.26.07.16 2
写真では分かりづらいですが、かなり急な階段を上っていきます。
こちらも分かりづらいのですが、屋根の円の中の部分が(なんていう名前か
分かりません)見事です。

h.26.07.16 3 h.26.07.16 4
彫りも見事ですが神社自体は手入れがされておらず少々荒れていました。
残念なことです。

次は土岐市妻木町の 八剣神社 です。

h.26.07.16 5 h.26.07.16 6

h.26.07.16 7 h.26.07.16 8

h.26.07.16 9
敷地内にある公民館(?)に棟札があります。野村作十郎の名前もありますね。

h.26.07.16 10 h.26.07.16 11
神社で遊んでいた小学生から「どこから来たの?」「何しに来たの?」
「神社が好きなの?」等々質問攻めにあいました。

少しお話していると口々に「八幡様へ寄って行って!」と言います。
「お祭りの時、流鏑馬するんだよ!」「絶対行く価値あるって!」
『う~ん、どうしよう まだ行く予定の神社もあるし・・・』と決めかねて
いると、ついに車の前を先導して走り出します。
車が違う方へ行こうとすると「違う!違う!」と言ってトウセンボ。

結局、車に乗せることになり「おばちゃん達、誘拐犯になっちゃうよ~」
「今後は、絶対知らない人の車に乗っちゃいけないよ~」と言いながら
八幡社へ向かいました。

h.26.07.16 12 h.26.07.16 13
着いてびっくりです!すごい立派な神社!

h.26.07.16 14 h.26.07.16 15
創建ははっきりしないが関ヶ原合戦の後、妻木家頼の寄進により
現在の規模になる。

h.26.07.16 16 h.26.07.1617
暑くてしんどいので階段登れず・・・

h.26.07.1618 h.26.07.1619
秀三と戯れる (流鏑馬の馬とは違います)

その後、小学生を送り記念撮影をみんなでして別れました。
予定通りではなかったけど、出会いがあり楽しい締めくくりとなりました。

皆さん、ありがとう!

************************************

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

  『鬼頭塾』とは鬼頭勝之先生を講師に、活字化されていない古文書を読みながら
   歴史や文化・芸能など様々なことを学んでしまおうという勉強会です。

次回は
   7月18日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
     *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。
     *どちらか一つの参加でも構いません。

「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方もお気軽にご相談ください。
一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。
     連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com                
          * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



このページのトップへ

久々、大人の遠足 №2

大人の遠足 続きです。

次に向かったのは有名な 虎渓山永保寺

h.26.07.11 1 h.26.07.11 3
昔の道(?)から入りますよ。
風情があります。  が、毛虫がすごい!上から落ちてきます。要注意。

h.26.07.11 2 h.26.07.11 4
臨済宗南禅寺派 虎渓山永保寺

h.26.07.11 6   *小さな画像はクリックで拡大します。
観音堂

h.26.07.11 9
美しい!本当に美しいお庭と建築物です。もみじの頃にまた来たいです。

h.26.07.11 14 h.26.07.11 5

h.26.07.11 10 h.26.07.11 11
小山の上に見えているのが六角堂

h.26.07.11 8 h.26.07.11 7
野村作十郎の作
   他に 観音堂・開山堂(共に国宝)の再建
       六角堂の再建・無際橋の改築

h.26.07.11 13 h.26.07.11 12
開山堂 国宝ですので柵がしてあり近づくことは出来ません。

次にすぐ近くの 保寿院 に向かいます。

h.26.07.11 16 h.26.07.11 17
虎渓山登僊嶺(とうせんれい)保壽院
虎渓山永保寺の塔頭(たっちゅう)寺院です。

h.26.07.11 19 h.26.07.11 18
時間が無くすぐに撤収でした。
次回来ることがあったらお庭を見たいです。

      もう1回続きます。

************************************

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

  『鬼頭塾』とは鬼頭勝之先生を講師に、活字化されていない古文書を読みながら
   歴史や文化・芸能など様々なことを学んでしまおうという勉強会です。

次回は
   7月18日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
     *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。
     *どちらか一つの参加でも構いません。

「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方もお気軽にご相談ください。
一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。
     連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com                
          * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。

  

人気ブログランキングへ


このページのトップへ

久々、大人の遠足 №1


名古屋歴史懇話会から『東濃の社寺めぐりと彫刻鑑賞』に行きました。

まずは新羅神社(多治見市)
  平安時代に田只味(多治見市)の産土神を祀ったのが始まり。その時代は土岐川沿い
  にあったが、鎌倉時代に現在の場所に移る。八幡大神等を合祀し、紆余曲折を経て
  室町時代に新羅明神としての素戔鳴命を勧請し現在に至る。

  ウィキペディアに「新羅系氏族の祖神を祀ったのが始まり」との記載がありますが、
  そういった事実は無く、素戔鳴命の伝説からきているのではないかとの事でした。

    h.26.6.23 3

   h.26.6.23 1  h.26.6.23 2

   h.26.6.23 5  *画像をクリックして頂くとと拡大します。

   h.26.6.23 4  h.26.6.23 7
   新羅神社は野村作十郎の手によって建てられたという伝承がありましたが、
   近年の調査では尾張藩御用彫物師 早瀬長兵衛の作とされました。
   野村作十郎研究家のAさんとしては大いに異論があるところ!?

   h.26.6.23 6  h.26.6.23 11

   h.26.6.23 12  h.26.6.23 14
   
   h.26.6.23 13  h.26.6.23 15
    見事な彫刻  
  
   h.26.6.23 9  h.26.6.23 10
   拝殿に昇って正式参拝と宮司さんより新羅神社について説明をしていただきました。

                h.26.6.23 16
   平成24年の改修工事の際、拝殿前を掘ったところ土の中から出てきたそうです。
   上の画像の灯籠もこちらも陶器でできています。
   珍しいですね。

            つづく  次回は永保寺


************************************
 特別講座開催決定 
     『大須観音骨董市出店探索と南寺町散策』
       6月28日(土) 午前10時 大須観音階段下 集合
        参加費 500円 (昼食代・拝観料等は自己負担)

 下記コースを鬼頭先生に説明して頂きながら歩きます。
 大須観音骨董市→万松寺→東本願寺名古屋別院→栄国寺(切支丹博物館)
 →南寺町の寺々(門前町・裏門前町)→大光院明王殿縁日
(17時頃解散予定)

  小雨決行ですが、季節がら天候・体調には十分注意してくださいね。
  途中参加・離脱もOKです!
  参加ご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡くださいませ。

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

  『鬼頭塾』とは鬼頭勝之先生を講師に、活字化されていない古文書を読みながら
   歴史や文化・芸能など様々なことを学んでしまおうという勉強会です。

次回は
   7月18日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
     *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。
     *どちらか一つの参加でも構いません。

「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方もお気軽にご相談ください。
一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。
     連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com                
          * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。

  

人気ブログランキングへ


このページのトップへ

久々、大人の遠足 №0

久しぶりに名古屋歴史懇話会“大人の遠足”のお誘いがあり行って来ました。
        (もう1ヶ月も前なんだけどね)

今回は『東濃の社寺めぐりと彫刻鑑賞』です。
主催者である舟橋さんは現在、中部経済新聞にて
歴史小説「天空の龍」幻の名匠・野村作十郎 を連載中なのです。
      詳しくはこちらにて → 歴史小説「天空の龍」幻の名匠・野村作十郎

野村作十郎は現在の多治見市池田町に生まれ江戸末期に活躍した宮大工です。
      詳しくはこちらにて → 野村作十郎

その足跡を追うということで、野村作十郎研究家の方も参加ですよ。
お二人の説明を伺いながら見学して行きまーす。

   ちょっと長くなりそうなので、続きは明日書くことにします。 

 ************************************
 特別講座開催決定 
     『大須観音骨董市出店探索と南寺町散策』
       6月28日(土) 午前10時 大須観音階段下 集合
        参加費 500円 (昼食代・拝観料等は自己負担)

 下記コースを鬼頭先生に説明して頂きながら歩きます。
 大須観音骨董市→万松寺→東本願寺名古屋別院→栄国寺(切支丹博物館)
 →南寺町の寺々(門前町・裏門前町)→大光院明王殿縁日
(17時頃解散予定)

  小雨決行ですが、季節がら天候・体調には十分注意してくださいね。
  途中参加・離脱もOKです!
  参加ご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡くださいませ。

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

  『鬼頭塾』とは鬼頭勝之先生を講師に、活字化されていない古文書を読みながら
   歴史や文化・芸能など様々なことを学んでしまおうという勉強会です。

次回は
   7月18日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~  猿猴庵『随観図会』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水五巻』
     *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。
     *どちらか一つの参加でも構いません。

「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方もお気軽にご相談ください。
一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。
     連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com                
          * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。

  

人気ブログランキングへ


このページのトップへ

古文書を読めなければ・・・

涼しくなると思いきや蒸し暑い日が続きますね。

8月24日は名古屋骨董祭を見に行ってから、名古屋歴史懇話会に参加
しました。

名古屋骨董祭はそんなに込み合ってもおらず、出店者同士が世間話を
したりお客さんと雑談したりして非常にまったりムード。
かわいいアンティークの小物をみたり、和本を見たり(全然読めないYO!
もっと勉強しなくちゃ!)しましたが、結局何も買えず雰囲気を楽しんだ
だけで終了。


名古屋歴史懇話会
     飲みながら、食べながら、話を聞き、メモをとる!   という
珍しいそして若干忙しい会です。
          (忙しいのでお料理の写真は撮れませんの)

        テーマ 『信長公記』首巻を読み解く
        話者  ブックショップマイタウン 舟橋さん
        会場  割烹居酒屋『ダイニング博(ヒロ)』


『信長公記』は第一級の戦国史料であるが、首巻は太田牛一の独特の
書き方や見方また事実を捻じ曲げている箇所まであったりする。
ということで今回はこのような事柄を中心にお話していただきました。
     ①記述に疑問符が付きそうなもの
     ②重要なのに記述がない事柄。それはなぜか。
     ③故意に偽装された『信長公記』の記述箇所

やはり書くということは書き手側の立場から物を見ることになってしまい
ますよね。特に歴史は立場が違えば記述も違ってきてしまうので、たく
さんの史料にあたることが大切ですね。
    「だから古文書を読めるようにならなくちゃいけないよ」鬼頭先生

その他、出席者の方から「小説家はロマンを書く、歴史家は事実を書く」
事実を見極める為には、史料を見るだけでなく現地に出向き確認する
ことも大切というお話や、骨董屋さんでお買物するときの極意など伝授
していただきました!

  名古屋歴史懇話会の詳しい内容は“名古屋なんでか情報”に記載
  されます。購読情報は → ここをクリック


   こちらもよろしくお願いします。 
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  ************************************

参加者募集中! 自主運営勉強会『鬼頭塾』

   9月20日(金) 名古屋市青少年文化センター 第1研修室
                  ① 13時半~ 『工匠技術之懐』
                  ② 15時半~ 『小治田之真清水』
                           
   *初めて参加される方は、テキストが必要となりますのでメールにてご連絡ください。
                        Email: nagoyasansaku@gmail.com
   *①②とも各1,000円の分担金をお願いしております。よろしくお願いいたします。

       「どんな勉強会なのか一度参加してみたい」という方も
        お気軽にご相談ください。
            連絡先 Email: nagoyasansaku@gmail.com
               * 「ブログを見た」と書いていただけると助かります。



人気ブログランキングへ

このページのトップへ